MENU

汗かきとワキガは別物

すこし運動しただけなのに、たくさん汗をかいてしまうからといってワキガなの?と不安に思う人もいるかもしれません。
でも、汗かきとワキガはまったく別ものです。

 

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

そもそも、多汗症とワキガは、汗の種類が違うんです!

 

汗を分泌する汗腺には2種類あります。

 

多汗症はエクリン汗腺が関係している

汗を分泌する汗腺の1つがエクリン汗腺です。

 

このエクリン汗腺は、全身にあります。サラサラで透明の汗を分泌します。
この分泌量が多い人が、いわゆる多汗症の人です。
エクリン腺から出る汗は、99%が水分で残り1%に塩分や尿素、残りの1%にアンモニアが含まれています。

 

「汗臭い」状態になるのは、汗自体に臭いがあるわけでなく、汗と皮脂が混ざって皮脂が酸化し雑菌が繁殖することで匂うようになります。

 

腋臭に関係するのは黄色く粘り気のある汗を分泌するアポクリン汗腺

 

腋臭(ワキガ)の原因は、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺です。
アポクリン汗腺は、わきの下、耳、陰部、乳輪、おへそだけにある汗腺です。
黄色く粘り気のある汗を分泌します。アポクリン腺から出る汗には、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれています。
これらの成分は、毛穴から出て皮膚にある常在菌によって分解されることで、ワキガ独特の臭いが発生します。
※ワキガの臭いには、鉛筆の芯のような臭いがありますよね・・・。あれは鉄分が分解されたときの臭いなのかもしれません。
このアポクリン汗腺が発達している人(アポクリン汗腺の数が多く、一つひとつが大きい人)が、ワキガ体質の人です。

 

ただし、アポクリン汗腺から分泌される汗そのものが匂うのではないと言われています。
汗に雑菌がつくことによって臭いが発生するのです。なので、脇をyく洗って乾かす、下着をこまめに取り換えることである程度臭いを防ぐことは可能といわれています。
この話がどこまで本当なのか、私にはわかりません、わきが臭ってるかもと思ったとき、そんなに簡単に雑菌が繁殖してるの?と不思議に覆うからです。。

 

 

ワキガを根本的に治すには治療?

 

日ごろのケアによってある程度臭いを防ぐことは可能です。しかし、それでも解決しない場合は、ワキガ治療という方法もあります。

 

病院では、ワキガ治療として、脱毛や手術を行います。
この場合の脱毛というのは、医療免許を持たない脱毛サロンの行うフラッシュ脱毛ではなく、電気脱毛器を使って、毛と一緒にアポクリン汗腺を破壊します。
脱毛によるワキガ治療は、手術に比べると効果は落ちますので、症状が軽い人向きだと言われています。

 

そして美容外科などで行うワキガ手術は、わきの下の皮膚に管を入れて、アポクリン汗腺を吸引するか、石灰して汗腺を取り除く方法があります。
費用は左右両側で、30万円〜40万円かかると言われています。